敷金を全額返してもらうためのコツとは?

敷金を全額返してもらうためのコツとは?

敷金を全額返してもらうためのコツとは?

賃貸物件を退去する際に、なんとなく敷金は全額返ってこないようなイメージはありませんか?「敷金は半額お返しします」なんて言われたら、逆に得した気分になったりする人もいるかもしれませんね。
けれど、本来、敷金とは全額返してもらうべきお金なのだということを覚えておきましょう。
まず、敷金とは、家賃の未納がなく、賃貸物件を故意に汚したり、傷つけたりすることなく住んでいれば、原則として「全額」が退去する際に貸借人に返還されるお金です。
しかし、自分の不注意によって賃貸物件に傷や汚れが付いた場合には、原状回復に必要な金額が敷金から差し引かれることとなります。
これは、契約した際に賃貸人と取り交わした契約内容によっても異なります。
大切なのは、よく契約書を読んで内容を理解しておくことなのですが、退去する時ではそうはいきませんね。
まずは、契約書の内容をきちんと確認するようにしましょう。
敷金返還交渉の場合には、大家と直接ではなく、管理会社を通して行うことが多くなると思われます。
その際も感情的にならず、冷静に話し合うことが大切です。
何も知らない無知な状態で交渉するよりも、国土交通省が示した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」などに目を通しておくと、全額返還への説得力が増します。
また、交渉の際の会話は、後で証拠となるように全て録音しておきます。
解決するまでに時間が掛かる場合もありますが、敷金は全額返還されるべきだと冷静に主張するよう努めることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ