こんな時は敷金は返ってくる?

こんな時は敷金は返ってくる?

こんな時は敷金は返ってくる?

敷金を退去する時に原状に戻すための修繕費だと勘違いされている方が多いかと思いますが、実際は借主が家賃を滞納して夜逃げしてしまった時の担保を目的としているのです。
以前までは、その部屋の入居者が壁紙や畳の張替え料金を支払っていたり、部屋のクリーニング代を支払っていたりしました。
さらには、修繕費として敷金以上の金額を請求されることもあったものです。
しかし、最近では、貸す側と借りる側の立場が少しずつ変わってきているようで、普通に暮らしてさえいれば、汚れてしまった箇所などを原状回復する義務があるだけで、借りた側が修繕費をさらに支払う必要がないというガイドラインさえあるくらいなのです。
では、どのような場合には支払わなくていいのか、ここで説明しておきましょう。
畳や壁紙、備え付けのカーペットなどの日焼けによる変色やある程度クリーニングで落ちそうなタバコのヤニ汚れも支払わなくていい修繕費に含まれています。
逆に、自分自身で飲み食いした飲み物食べ物のシミやタバコの灰を落として床に焦げ跡がついてしまった場合は修繕費を自己負担しなくてはいけません。
その他に、普通に生活していて想定されるのは、重たいダンスやベッドなどをずっと同じ位置に置いて出来てしまったへこみや置き跡です。
これは、支払わなくてはいけない修繕費には含まれません。
でも、イスを引きずったりして出来てしまったフローリングの傷や飼っているペットによる引っかき傷、壁などにねじや釘で穴を開けた場合は、修繕費を負担する必要があります。
このようなガイドラインがあるからと言って、好き放題に暮らしていいと言う訳ではなく、部屋を借りている立場として、日常的に掃除をして大切に使う義務があることもお忘れなく。


ホーム RSS購読 サイトマップ