ハウスクリーニング代は敷金に含まれる?

ハウスクリーニング代は敷金に含まれる?

ハウスクリーニング代は敷金に含まれる?

敷金にハウスクリーニング代が含まれるのかどうかが問題になることが多くなっています。

 

入居する前にかかる費用の代表格といえるのが敷金です。

 

入居前に支払うものですが、実際の近い道は退室した後に部屋を修繕するための費用です。

 

つまり入居者がその部屋で生活していく過程で破損してしまったものを直し、新たな入居者を迎えることができる状態にするためのお金なのです。

 

ですから、退室後、修理した後入居時に支払った金額が余った場合は返還されますし、逆に足りなかった場合は新たに請求されることもあります。

 

その敷金にハウスクリーニング代を含めていいものかどうか、議論になることが増えているのです。

 

一般的に、入居者が退室した後、大家はその部屋にハウスクリーニングを行います。

 

いくら退室の際にしっかり掃除をしたとしてもやはり汚れなどが残っているもの。

 

それに心機一転きれいな状態で新たな入居者を迎え入れる必要がある、という認識もあり、ハウスクリーニングを利用するのです。

 

問題なのは、そのハウスクリーニング代を敷金として請求する大家がいるということです。

 

敷金というのは修繕のために使うお金です。

 

ハウスクリーニングは部屋をきれいにするものであって、修繕ではありません。

 

ですから、敷金にハウスクリーニング代を含めるのはどうなのか、という問題なのです。

 

実際に敷金にハウスクリーニング代を請求された、という例も多くトラブルとなっているようです。

 

基本的に敷金にハウスクリーニング代を含めるのは問題があり、大家が全額負担することになっています。

 

しかし圧倒的に借りた方が負担させられているという現状となっています。

 

この場合、契約時にハウスクリーニングに対する特約が含まれることが多く、契約時に入居者の署名捺印があれば敷金にハウスクリーニング代を請求する権利を大家は持つことができます。

 

しかし、それでも必ずハウスクリーニング代を請求できるというものではなく、退室後の部屋にハウスクリーニングをする必然性があるのかどうか、という問題があります。

 

ですから、入居者としては敷金にハウスクリーニング代を請求されないためにはハウスクリーニングを行う必要がないことをアピールする必要があります。

 

ハウスクリーニングという業種が一般に広まったからこそ起こり始めたといえるこのトラブル。

 

なかなか難しい面もあるようです。

 

ハウスクリーニングは部屋全体のクリーニングを依頼すれば3万〜4万円程度かかります。

 

そんな高額負担を請求されないためにも契約時、あるいは退室時にしっかりと対策をとっておく必要があるのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ